【2018年版】楽天カード個人賠償責任保険のスペックと加入方法

ポイント1%高還元されることから人気の楽天カードですが、この楽天カードにも「個人賠償責任事故補償プラン」という個人賠償責任保険を月々220円で付帯させることが出来ます。他のクレジットカード同様、WEBと電話で申込〜解約までが完結する便利な個人賠償責任保険です。

楽天カードで個人賠償責任保険を付帯させる事が出来るのは、楽天PINKカードという券種です。女性向けのカードですが、男性でも申し込むことが出来ます。既に通常の楽天カードを発行している方は2枚持ち出来ません。他クレカで個人賠償責任保険へ加入することをオススメします。

あわせて読みたい→クレジットカードに付帯する個人賠償責任保険比較

楽天カード 個人賠償責任事故補償プランのスペック

対象となる事故・トラブルの例

日常生活の中で不意に起きた事故・トラブルで、賠償責任が発生した際に活用出来ます。

  • 自転車で歩行者と接触し怪我を負わせてしまった
  • 子供がデパートで陳列してある商品を壊してしまった
  • 夫がゴルフでミスショットをしてしまい相手に怪我を負わせた
  • マンションの自室のお風呂を溢れさせてしまい下の階に浸水、住民から痛めた家具の修理代を請求された など

楽天保険 公式HPより

対象者

家族の誰か一人でも加入していれば、家族・子供・監督義務のある人も個人賠償責任保険を利用することが出来ます。

※被保険者の範囲は、本人、配偶者、同居の親族および別居の未婚の子となります。なお、これらの方が責任無能力者である場合は、親権者・法定監督義務者・監督義務者に代わって責任無能力者を監督する方(責任無能力者の6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族に限ります。)を被保険者とします。

楽天保険 公式HPより

責任無能力者を監督する義務がある人が、この個人賠償責任保険に加入していた場合、監督対象者が起きた事故もカバーすると明記があります。つまり、精神疾患者や認知症患者などを対象にしない個人賠償責任保険がある中で、楽天カードの個人賠償責任保険はこれらをカバーする対象とみなしているようです。

補償額

日常生活での賠償を1億円まで補償します。また、傷害によって後遺症や死亡した場合は100万円を限度に補償があります。

示談交渉サービス

楽天カードの個人賠償責任事故補償プランは、示談交渉サービス付きです。専任担当者が示談書の取り交わしなどを代行してくれます。スムーズなトラブル解決には、有り難いサービスです。

月額保険料

月々220円かかります。年間たったの2,640円なので、かなりお手頃な部類です。

月額保険料の観点でみると、JCBトッピング保険 個人賠償責任補償プランも同様の保険内容で月々150円と少々安めなので、コスト重視の方はJCBの方をお勧めします。

申込資格

満18歳以上の方であればお申し込み頂けます。テレビCMでも放映している通り、楽天カードは学生や専業主婦の方でもお申し込み頂けます。

審査の難易度

有名ですが、楽天カードの審査はそこまで厳しくありません。最短30分で審査が完了することから、機械で審査を行っているようです。なので他券種よりも審査は比較的甘い方法で行われていると言えます。

あわせて読みたい→クレジットカードに付帯する個人賠償責任保険比較

楽天カード 個人賠償責任事故補償プラン加入手続き

加入前に、楽天PINKカードを発行し、楽天e-NAVIに登録しておきましょう。

個人賠償責任事故補償プランのページへアクセスし、右カラムの申込ボタンをクリック

②楽天e-NAVIにログインします

③個人情報が反映されるので職業のみ追加記入

④重要事項・保険内容・申込内容を確認して申込完了

保険適応日

保険が適応となるのは、申込した月の翌月となります。毎月10日以降の申込は、翌々月からの適応に繰り越します。また、保険更新は毎年6月1日に行われますので、ご注意下さい。

解約方法

TOPページからアクセスし、右カラムの各種手続きの欄にある「補償解約」をクリックします。表示された電話番号に電話し、解約の旨を伝えます。電話上で解約手続きが行われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする